皆様のご健康を願いつつ

お久しぶりです。受付の平塚です。

 

 

感染症対策ありきの生活が当たり前となり、少し窮屈さを感じるご時世でありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

私は、趣味の一つである音楽鑑賞の予定がすべて中止となり、年内残すは一つのみ。これもまた世界の感染状況から考えれば中止となる可能性が大きいのですが、今はただただ一日も早い感染症の収束を願うのみです。とは言え、やはり自分の生活スタイルが大きく変わる事に多少のストレスを感じます。

今後は、制約ある生活の中でもいかに工夫して癒しや楽しみを見つけていくかが、私達には大切かもしれません。

 

 

さて、このようにストレスに負けないメンタルが必要なご時世となってしまいましたが、毎日のちょっとした心掛けで自分自身のメンタルをコントロールできるそうです。

 

 

その心掛けの一つに、私達にとって一番身近である「食事」があります。

 

 

私達が食事を頂いた時、本来であれば血糖値はゆるやかにあがっていくのですが、これが例えば「不安感」や「イライラ感」のような症状に悩まれている方の多くは、食後に血糖値が急上昇し、その後は急降下しているという研究結果があるそうです。

 

 

ちなみに、この急降下した状況がいわゆる「低血糖」といわれるものですが、この低血糖が起こった時に、私達の脳内では「ノルアドレナリン」とういう物質が多く出ているそうです。

 

 

そして、このノルアドレナリン、私達の感情の変化に大きく関わっており「集中力」や「意欲」を高める反面、「不安」「恐怖」「緊張」といった嬉しくない状態も産み出すそうです。

 

 

つまり、ノルアドレナリンが過剰に分泌されると、イライラや怒りを感じやすくなったり不安感が増したりと、ストレスに大変反応しやすい状態となるわけです。

 

 

この事から、不安やイライラの症状を抱えている方は「低血糖になりやすい」とも言えますし、血糖値が安定していれば、心の状態も安定しやすくなるという事が分かります。

 

 

その血糖値の上昇と下降ですが「食事の内容」と「食べる順番」によって自分で簡単にコントロールできるとの事なので、メンタルを安定させる簡単な方法として、まずは身近な食事を見直す事から初めてみるのも良いと思います。

 

 

食事の順番は ①野菜 ②おかず ③ご飯やパン、麺類の順番で、食事内容は食物繊維が多い野菜、たんぱく質が多いおかずが良いそうです。

 

 

食欲の秋を前になかなか難しいと思われる方も多いと思いますが、まだまだ感染症と向き合いながらの生活が続きそうですし、健康な生活を過ごす為にも、人間にとって不可欠である睡眠、食事、そして運動。無理をしない範囲で、でも少し頑張って、この時代を一緒に乗り越えていきましょう!

Return to Top

気象病

今回は三富がブログを書きます。

台風が来るみたいですね。

それにちなんで、
気候の変化や、雨の日になると・・・

・頭痛が起きる
・めまいやふらつきが起こる
・手足のむくみがひどくなる
・肩こりが酷くなる
・関節が痛くなる
・首が痛くなる
・やる気が出ない
・喘息が起こる
・イライラする
もし、以上のことが該当するならそれは「気象病」かもしれません

○気象病とは
気象病とは、気象の変化が体調に影響を与えて起こる病気のことをいいます。
梅雨どきや台風シーズンなど、気圧や気温が大きく変化する時期は特に注意が必要になります。

○気象病の症状
気象病の症状は様々あります。
頭痛、めまい、腰痛、関節の痛み、神経痛(坐骨神経痛など)、喘息(ぜんそく)、古傷の痛み等。
○気象病が起こる2つの要因

①気圧の変化によって起こる。
気圧の変化は血圧に深く関係しています。
山の上に持って行ったスナック菓子の袋が、パンパンに膨れ上がっている画像を見たことがある方は多いですよね。
実は、低気圧の時は私達の体の中にある血管やリンパも、あのスナック菓子のように膨張して、血流が良くなって血圧が下がります。
そう言われるとなんだか健康に良いような気がしますが、頭の中にある血管が膨張すると頭蓋骨や脳を圧迫して片頭痛を起こし、血圧が下がり過ぎるとめまいやだるさの原因になります。

②自律神経の乱れによって起こる。
自律神経とは、内臓や血流など体の中のさまざまな働きのバランスを取っている器官です。
通常は、特に何もしなくても気候に合わせて自律神経が勝手にちょうどいい状態に切り替わってくれます。
しかし、天気が悪く薄暗いままだと朝が来たと認識できなくて、いつまでもリラックス状態が続いて体が重く感じたり、内臓も眠ったままで動きが悪くなってしまいます。

また、気圧の変化によって血管が膨張して血圧が下がると強制的にリラックス状態になり、体に力が入らなかったり、なかなか集中できないといった症状につながります。

こういった気象病の症状は、元々の体質によるものが大きいと考えられています。

また、ストレスやホルモンバランスの乱れから自律神経がおかしくなっている時も、気圧の変化を受けやすいのが特徴です。

もし、台風が接近するときや、雨の前触れ、季節の変わり目に、体調が悪くなる様でしたら、ぜひ、矯正(猫背矯正、骨盤矯正)、鍼灸治療をお試しください。

Return to Top

頭痛

 

こんにちは~♪

 

今週のブログも仲座が担当させていただきます~☆

 

これまで肩こりを知らなかった仲座もついに!!

 

肩こりを感じるようになってきました

 

なによりしんどいのは肩こりに伴う頭痛!!

 

ものすごく痛いわけではないですが、慢性的に続くしつこいような痛み!!

 

マッサージをしてもらうと和らぎますが、またすぐに戻ってしまいます。

 

そこで今回は肩こりに伴う頭痛についてお話しさせていただきます!!

 

肩こりによる頭痛のほとんどは、緊張型頭痛と言われています。

 

緊張型頭痛とは首・肩周りの筋肉が硬くなることによって起こる痛みです。

 

筋肉が硬くなってしまうと筋肉の中に老廃物質が溜まり、その周辺の神経を刺激することで頭痛を引き起こすと言われています。

 

緊張型頭痛の症状は首の後ろから頭にかけて広い範囲で痛みを感じたり、頭を締め付けられるような重苦しい痛みが現れます。

 

緊張型頭痛は肩こりがひどくなった時によく出てくる症状ですが、、、

 

他にも

 

・日頃あまり体を動かしていない

・デスクワークで座っている時間が長い

・最近仕事が忙しくなった

・普段の姿勢が悪い

 

当てはまる方は頭痛を起こしやすいと言われています。

 

そんな緊張型頭痛ですが、痛みを和らげる方法があります!!

 

筋肉が硬くなっているのが原因なので、マッサージやストレッチで筋肉をほぐしてあげると緩和できます。

 

それと、ストレスも筋肉が硬くなってしまう原因です!!頭痛が出てしまったら息抜きをしてリラックスしましょう。

 

適度な運動を行うことも血流が良くなり、筋肉もほぐれやすくなるので、頭痛を軽減することができます。

 

 

頭痛でお悩みの時はいつでもご相談くださいね☆

 

 

 

 

Return to Top

秋のイベント

こんにちは 坪坂です😊

すっかり秋らしい空気になったかと思ったのもつかの間・・・

やっぱり残暑真っ只中💦

今年の暑さは異常ですね😞

 

さてさて With コロナ・・・

あんまり変わりがないですね😢

秋のイベントと言えば体育祭⚾や文化祭🎶

子供達にとってはビッグイベントですよね

アレンジ商品続々の売店とか

有名人が誕生するライブとか

思い出してもまさにお祭り騒ぎな楽しいイベントでした

そんな思い出もまた消えていってしまいそうな2020・・・

長男の高校では非公開で実施

次男の中学校ではかろうじて3年生だけの合唱コンクールを実施予定

 

まだまだガマンは続きそうですが

どうかどうかステキな青春時代を上手に過ごして欲しい!

順応性バツグンな子供達はきっと出来ると信じています☆☆☆

 

 

 

Return to Top

あさんぽ

どうも、陣内です。

皆さん、あさんぽって知っていますか?

朝の散歩を略して『あさんぽ』と呼ぶそうです。

私も先日まで娘が夏休みだったのでその期間はあさんぽをして出勤してました!

娘は起きるのは早く、5時起床と早すぎるので私はいつもたたき起こされて出発していました。

朝の散歩をすることによって実は良い効果があるようなので紹介します。

1、脂肪燃焼効果

朝は、寝てる間に食べた物が消化され、エネルギーが枯渇している状態です。散歩に、脂肪エネルギーを使う為脂肪燃焼効果があります。

2、気分が上がる!

太陽の光を浴びて、自分の好きな音楽を聴きながら自分だけの時間を過ごすことで1日の元気が出ます!また、今は色んなお花が咲いていたりと新しい発見が、できるかもしれません!

3、クリテイティブになれる!

人間は皆、仕事の悩み、人生の悩みなど毎日難しい問題に向き合って生きてるはず!2014年の研究によると、歩くことで創造性が刺激されると実証されています。

歩きながら考える事でいいアイディアが生まれるかもしれません!

4、朝ごはんが楽しみになる

朝ご飯を食べることから1日が始まります。そもそも空腹の中お散歩するので、朝ごはんへの期待は倍増です!なに作ろうかなぁ、なにをたべようかなぁって考えながら歩くのもいいですね!

上記のこと以外でもなにかあさんぽをして良いことがあるはずです。

私の場合は娘とあさんぽをすることでコミュニケーションを取る時間が増えています!

いろいろ見つけてみてくださいね!!!

 

Return to Top

VSお天道様

こんにちは‼今週は草野が担当します

ふとした合間に読んでいただければ幸いです!ではいきましょう!

 

 

 

みなさんこの夏はいかがお過ごしでしょうか?

せっかくの連休もコロナで特にすることも無く終わってしまった人も         多いのではないでしょうか?

 

今週からさらに気温が上昇して、空はスッキリしているけど気分はだらっと疲弊してしまっていませんか?いわゆる夏バテですね(やっと今回題材がいえました)

 

そうです!今回は夏バテについてです!

 

夏バテはそもそもなんで起きるのかご存知ですか?

認識的には熱中症の一歩か何歩か手前という感覚で大丈夫だと思います!

 

大きく症状としては食欲がない、眠れない、疲れが取れないなどがあります。

 

 

 

原因としては高温多湿な日々が続き、寒暖差が激しい室内外で体温調節がうまくいかなくなり、自律神経の乱れが起こりやすくなります。

そして交感神経が優位に働くことが増え、神経質になりイライラしたり、興奮が冷めずに寝つきが悪く睡眠不足だったり、腸運動がうまくいかず食欲不振になったりなどが起こりやすくなります。

 

これらの症状が強いのが熱中症になっていきます。では予防、改善策は何でしょう?

 

 

 

それは食事・睡眠・運動です!!だろうなと思いました?

わかっちゃあいるけど、できていないのが人の甘さですよね?

では何に気を付ければいいのか?

 

 

 

まず食事から

暑いからと言って冷たいものを多くとっていませんか?               胃や腸に負担がかかってますよ~

自律神経でも胃や腸などの消化器機能の不調を招きます。              なので栄養バランスのとれた食事が大切になってきます。とくにビタミンを不足しがちです。豊富な卵やキノコ類がおススメです!

 

 

 

 

続いて睡眠

心も休める為にもしっかりと6時間以上の良質な睡眠が必要です。          それもできない場合は昼寝を20分程するのが良いですよ!

 

 

 

 

そして最後に運動

運動といっても軽めのジョギングやウォーキングで汗ばむ程度で大丈夫です。     もちろん水分補給を怠らずに!熱中症になってしまうので、、、、

 

 

生活の中でも早歩きにしてみたり、エレベーターを階段にしてみたり、そうしたエネルギー消費をすることで食欲が増したり、適度な疲労で寝つきが良くなりますのでぜひやってみてください!

 

 

 

 

そんなこんなで下を向いてしまいそうになる世の中なりましたが、暑さにもコロナにも負けない身体作りをして乗り越えていきましょう!!!

 

 

以上今週の担当の草野でした。

 

 

Return to Top

こんにちは、姜(カン)です。

ようやく梅雨が明けていつもの夏が戻ってきましたね。

暑い日が続くせいかついつい楽な素麺や蕎麦などでお昼を済ませることが多くなってきたのではありませんか?

素麺は噛まずにするっと飲めてしまうので気づけば多くの量を食べてしまいますよね。

簡単に作れて暑さで食欲がない時でも食べやすくてとても重宝する素麺には大きな落とし穴があるんです!

素麺100gにはなんと26gの糖質が含まれています。

26gの糖質ってどれくらいかと言いますと、角砂糖6.5個分に値します!!

糖質を取りすぎてしまうと血糖値が急激に上昇してしまい、インスリンと呼ばれるホルモンが分泌され糖分を脂肪に変えてしまうのです!!

夏に太りやすいのにはこう言った理由があるのです。

そんな、素麺太りの対処法はとても簡単です!

素麺をつゆと麺だけで食べるのではなく、タンパク質や野菜、キノコ、海藻類などをトッピングしましょう!

たとえば、ツナや納豆、香味野菜や葉物野菜、ワカメなどの海藻類をサラダ風にトッピング!

そして血糖値の急上昇を避けるためにも、まずは野菜からいただくようにしましょう。

そうすることで、汗と一緒に外に出たミネラルやビタミンをしっかり取ることができるので、代謝機能の低下を防いで太る体質を改善できます!

皆さんも是非こういった一工夫でこの夏を乗り切りましょう!

Return to Top

冷房病

皆さんこんにち。

今回は三富がブログを書きます。

暑い日が続いて、冷房の効いた涼しい部屋から出るのは嫌になりますよね!

ですが、冷房の効きすぎた部屋に居て体の冷え、倦怠感、食欲不振、頭痛、腹痛、下痢、神経痛に悩まされていませんか?

その症状の原因は冷房かもしれません。

人間には、本来、環境適応能力が備わっています。ところが、クーラーという人工的な環境の変化によって、その体温調整能力に変調が起こり、自律神経の失調を来して、様々な症状を引き起こすことがあります。このような体の変調を総称して「冷房病」とんでいます。

 

 

●冷房病の原因

温度を低くしすぎたり、冷風を体に直接受けたり、暑い屋外と冷房の効いた部屋といった温度差の激しいところの出入りを繰り返すことによって、自律神経の失調がり、体の不調の原因となります。お年寄りや乳幼児は体温調節が苦手ですので、特に注意が必要です。

 

 

冷房病を予防するには

クーラーの温度は27度前後:クーラーの温度は、外気温との差が5~7度以内になるように設定し(真夏では27度前後)、体を冷やし過ぎないようにしましょう。

 

冷風を体に直接当てない:冷風を体に直接受けると、実際の温度よりも低く感じますので、吹き出し口の向きに注意しましょう。

 

赤ちゃんは高い場所に寝かせる:冷気は下にたまりやすいので、注意が必要です。

大人でも冷え性の人や女性は、ひざ掛けなどを使うようにしましょう。

 

マッサージしたり鍼やお灸で血行を良くすることも冷房病の予防に効果的です。

当院は鍼やお灸はもちろん、症状に合わせた治療法も提案しています。

Return to Top

このご時世ですが

お久しぶりです。受付の平塚です。

 

このご時世、慣れ親しんできた生活環境に変化が起き、体調を崩されてしまう方が多いのではないでしょうか。自宅で過ごす時間が増え、気分が晴れない方、寝つきが悪くなった方、食生活が変わって体重増加で悩まれている方など様々な悩みを抱えている方が増えているそうです。

 

世間では暗く不安にかられるニュースばかりが流れているので、知らず知らずのうちに身体だけでなくメンタルにも影響が出てきている方も多いかもしれません。

私も7月初めに酷く体調を崩してしまい、受付の仕事を暫く休んでおりました。

 

私の場合は、コンビニでスイーツや菓子を買い求める回数が増え、暇があればスマホを触りつつ食後にポテトチップスなどつまむ間食LOVE(^^♪ な毎日…

そして動いていないのに体力をつけようと…!普段あまり食さない肉類を食べるようになり、すっかりスイーツ「も」大好きな肉食動物に変化してしまいました(>_<)
その結果…

 

ある日、経験した事がない目まいと動悸、手の震え、そして息苦しさが突然襲い掛かり、初めて命の危険を感じる体験をしました。

すぐに病院へ行き、徹底的に検査をした結果、心臓に異常は無かったものの、急激な体重増加が発覚、そして悪玉コレステロール値が、人生で初めて正常より高いという…認めたくない事実を認めることとなりました。

 

そして、スマホの見過ぎによる自律神経の不調も指摘されたのでした。いわゆるスマホっ首と目の酷使ですが、これが自律神経に悪影響を及ぼしている可能性があるとのこと。更にこのご時世ですから、暗く不安にかられるニュースばかりを見ることも自律神経を乱す原因となるようです。

 

健康な身体作りはコツコツ毎日を長くですが、不健康な身体になるのはあっという間ですね。

 

医師からは肉の代わりに魚を食べ、ポテトチップスやスーパーの揚げ物などトランス脂肪酸が多く含まれるものを避け、更にスマホの使用を控えるよう指導がありました。

そして週三回、30分の有酸素運動の指導。これはウォーキングで良いそうです。.

 

今回、人生で初めて生命の危機を感じた私は、医師の指導を忠実に守って生活をしております。プラス、これを機に、よつば矯正プログラムを始めました!

自分ではできないストレッチを施術者の手で行うことで、身体全体が気持ちよく伸び、心身が健康になるのを感じています(*‘∀‘)

体重も、以前の体重まで少しずつ戻ってきました(*^-^*)

そして、処方された漢方薬を服用することで、めまいや動悸も治まってきました!

 

余談ですが、漢方薬は西洋薬と比べると効果が出るまで多少の時間がかかりますが、薬草などの生薬で作られており、西洋薬と比べると常習性も低く、身体全体の調子を整えてくれます。漢方薬の処方は昔から女性に人気がありますが、最近では漢方薬を希望する男性も増えているようです。

 

皆さんも、制約ある厳しい生活が長く続き心身が大変だとは思いますが、受付の坪坂さんが書いていたように「明けない夜はない」を信じて、今出来ることをしていきたいですね!

Return to Top

健康ホルモン★

こんにちは🍀

 

 

投稿が遅くなってしまいましたが、今回は仲座がブログを担当します☆

 

 

昨年の秋頃、趣味を増やそうと思い、料理を始めてみたところ、思いのほか料理が楽しく今では色々な料理を作るようになりました♪

 

 

色々な料理を作っていると予想していなかったことが、、、

 

 

なんとお腹に脂肪が付き始めてしまいました(>_<)

 

 

これまで太らないようにご飯を食べるなんて考えたことも無く

 

 

食べたいものを食べたいときに食べるという食生活を送ってきた僕にも

 

 

ついに贅肉とかいうやつが付いてきてしまったのです(ToT)

 

 

これはまずい!!と思い、約半年ぶりに運動を再開することを決意しました。

 

 

効果的な運動をする為に色々と調べていたら、気になるものを見つけました。

 

 

その名は長寿ホルモン!!

 

 

健康番組などで聞いたことがある方もいるかと思います。

 

 

最近注目されているそのホルモンの正式な名前はアディポネクチン!!

 

 

長寿ホルモンという呼び方以外にも、やせホルモンや若返りホルモンとも呼ばれています。

 

 

今回はアディポネクチンについてご紹介したいと思います。

 

 

 

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、

脂肪を燃焼させる作用があります。

 

 

他にも、糖尿病の予防、血管の傷を修復、血圧のコントロールや

善玉コレステロールの増加、そしてがん細胞の増殖を抑制する効果があり、

生活習慣病の予防をしてくれる存在なのです。

 

 

脂肪細胞から分泌されるなら脂肪を増やしたらいいのでは?

 

 

と思った方もいらっしゃると思いますが、

 

 

実はその逆!!脂肪が多ければ多いほどアディポネクチンの分泌量は減少することが分かったそうです。

 

 

いわゆる脂肪とは脂肪細胞という器に脂肪分が詰め込まれているものを言います。

 

 

肥満気味になると、その器に脂肪を詰め込みすぎている状態になり、脂肪細胞の器がパンパンになってしまいます。

 

 

太ってしまい脂肪細胞の器がパンパンになると、隣同士の脂肪細胞が摩擦され、

 

 

炎症が起こってしまいます。

 

 

炎症が起こると悪玉物質が分泌されてしまい善玉のアディポネクチンの分泌量が減少してしまうのです。

 

 

なので、肥満気味になってしまうと体内のアディポネクチン量は少なくなってしまいます。

 

 

 

H

 

 

ではアディポネクチンを増やすには??

 

 

ずばり食事と運動そして笑うことなのです!!

 

 

 

結局は生活習慣病の予防には食事と運動が必要不可欠ということですね(^^;)

 

 

食事は大豆製品や食物繊維、青魚に含まれるDHAやEPA、コーヒーを摂取すると

 

 

血中のアディポネクチン濃度は上昇する↑↑そうです!!

 

大豆食物繊維青魚コーヒー

 

 

運動に関してはインナーマッスルを鍛える体幹トレーニングがおすすめです♪

 

 

先程もお伝えしたように脂肪細胞が多いとアディポネクチンは分泌されにくくなってしまいます。

 

 

特に内臓脂肪が多いと分泌量が減ってしまうそうです。

 

 

インナーマッスルが増えると内臓脂肪を燃やしやすくすることができますので、

アディポネクチンの分泌量を増やすことができるのです!!

 

hqdefault

 

 

そして笑う(^O^)

 

 

声を出して笑うだけでもアディポネクチンの分泌量は高まるそうです。

 

 

良く笑う人とあまり笑わない人を比べると良く笑う人の方が1.5倍多く分泌していたそうです!!

 

 

たしかによく笑う人の方が元気で長生きするイメージってありますよね(^^)

 

笑顔

 

 

というわけで長々とアディポネクチンについてお伝えしましたが、

 

 

皆さんに1番お伝えしたいのは、皆さんにいつまでも健康で過ごして欲しいということです☆

 

 

そこで今回は健康でいられる方法の1つをお伝えしました♪

 

 

これからも治療やブログを通して皆さんに健康情報を発信していきたいと思います♪

 

Return to Top