時事ネタ

みなさん、こんにちは。
黒河です。

節分も、バレンタインデーも過ぎ、あっという間に2月も終わってしまいますね。

 

私は花粉症ではないのですが、先週とても風の強い日に自転車をこいでいたら涙と鼻水が出てきて

もしかしてこれは花粉症??

と、ドキドキしてしまいました。
結局症状はその日だけでおさまり、ホッとしました。

 

最近は、どこでも新型コロナウィルスとマスク不足の話題で持ちきりですね。
私も都心や人の大勢集まる場所には、なるべく行かないようにしていますが、何だか行動を制限されている気がしてストレスが溜まります。

コロナウィルスはお湯を飲めば感染しないとか、しょうが湯を飲めば良いとか、根拠の無いメールやLINEが流れているようです。
医療関係者に聞いたと書いてあると、本当かと一瞬信じてしまいそうになります。

 

 

睡眠、栄養をしっかり取って、ストレスを溜めずに何事も無く笑って過ごせたら良いですね。

コロナウィルスの一件で、健康であることや、当たり前の毎日に感謝することを忘れてはいけない。

 

と、最近は特に実感しています。

Return to Top

今やれること

皆さんこんにちは!先週に引き続き草野が担当します。よろしくお願いします!

先週は私が現在挑戦している減量生活の流れを話しましたので、今回はその内容についてさらっと?紹介します!

 

ではまずトレーニングから

毎晩やっているこは

プランククランチ→フロントブリッジ→

サイドステップブリッジ→

サイドブリッジ→プランククランチ→フロントブリッジ 

各1分+バイシクルクランチ25回

ポイントはどこに効かせたいか、効いているかイメージと実感すること!

それとリフレッシュを兼ねて週に1回のランニング

 

Next食事

まずは、白く輝く日本の万能食「白米」を断つことからスタートしました。

今では反動を大きくしないように、小出しに食すようになり体重は減っているが、体脂肪率は増えてしまっている現状

そしてトレーニングに欠かせないタンパク質です。

なので鳥の胸肉を酒と塩と水で蒸すシンプルな最低限の味付け

揚げも焼きもしない料理は簡単でいい!ついでにブロッコリー、ニンジン、卵も茹でればALL OK!素材の味を活かした料理、、、とカッコつければ尚良い 

卵にはビタミンCと食物繊維のほとんどの種類が入っているとのこと

食物繊維はめかぶ、モズク、豆類、きのこ類に入っているので、できるだけ取るようにしてます。

 

お菓子もできるだけ避け、夜も一品に止めるようにしていたら自然と、少量で満腹感を得られる体に仕上がりつつあります

(ウソです、めっちゃたらふく食いたいです)

食事の時のポイントは良く噛んで原型を無くすことです。

当たり前かもしれませんが、忙しなく流れるこのご時世で忘れていませんか?

というところで以上までが、今現在続いてる今年の自己改革です。

5月まで続きます。次回順番が回ってくる頃は結果発表ですので少々お待ちを~

以上草野でした!

今日の昼飯

Return to Top

自己改革

今週は草野が担当します!どうぞよろしくお願いします‼

 

今年から僕は減量を始めました。

きっかけは友人Tとのなんともない会話からのことです、、、

 

友人T「好きな時間に食べたいもの食べてたら、ズボンが入らなくなってたんだよね~」

 

 

私「俺は夕飯遅くなるからわがままボディーに成りつつあるから、ランニング再開し始めたよ!

 

友人T「え‼聞いてないぞ!おい!じゃあ勝負しようよ。5月までにどっちが減らせるか勝負しよう。負けたら2万円分おごりで」

            

 

私「ガチな値段と期間だな、、、良いよ!けど誕プレもよろしく!」

もっと話していましたが割愛します。

 

ということで、2万円を賭けた熾烈の体脂肪率バトルがスタートしました。

勝敗は関係なくボディーメイクができるので勝てばお得、負けても減量できる日課の確立ができました!

 

 

 

1カ月やったことリスト

・体感トレーニング毎日+ランニング週1

・食事制限(夜11以降はゆで卵or魚肉ソーセージorプロテイン)

・栄養の勉強

 

やってみた結果と感想からお話ししますと、、、

 

体重75.2kg→現在70.8kg 体脂肪率18%→14%

 

最初の1週間半をやり続けると、やらなかった日の罪悪感を身に着けました。

お菓子を食べてしまった時や、筋トレを1日空いてしまった時などには、なんて怠惰だ!と心で思うようになりました。

 

ですが決してやっていることにはストレスは無く、むしろ生活習慣病対策としてポジティブな思考になりつつあります。

残り4カ月となりましたが、このままメンタルと身体が保てるのかご期待ください。続いているか僕や他のスタッフに聞いてみても構いませんのでよろしくお願いします!

 

ではまた来週までしばしお待ちを、、、

                         

  

           

Return to Top

別れの季節…

今週は村越が担当させていただきます!

今年も2ヶ月目に突入しました。早いですね。

節分も過ぎて暦の上ではもう春です。

梅の花が咲き始めたのを見ると、確かに春が近づいているのを感じます。

とはいえ、朝晩は冷えるのでまだまだ油断はできませんね。

さて突然ですが、私、村越は2月20日をもってよつば鍼灸整骨院を退職させていただくことになりました。

よつばは資格を取得して初めて就職した整骨院です。一から技術・知識を学び患者様の施術をさせていただくまでになって、思い出も数多く残る場所となりました。

約2年弱という短い間ではありましたが、患者様から学ぶことも多く、そしてスタッフからは未熟なところが多かった私にいつも丁寧にご指導いただきまして、とても貴重な経験ができたと思います。

この場を借りて、よつばを通して私に関わった皆様に感謝申し上げます。

誠に有難うございました。

世間の別れの季節にはちょっと早いタイミングになりましたが、今後はまた別のフィールドで、新しいことに挑戦していきたいと思います。

最後になりましたが、  皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。

それでは私が担当するこのブログの更新はこれが最後になりますが、ブログは来週以降も続きますのでまた次回の更新もお楽しみにしていてください!

Return to Top

花粉という名の化学兵器

 

皆さん、こんにちは!姜です!
今年は暖冬だそうで、とても暖かい冬ですね。

暖かいといえば花粉が気になる方も多いのではないですか?

 

そこで、花粉症の予防について話そうと思います。
まず、花粉が飛びやすい日というのは晴天、または、前日に雨が降り、次の日が曇天で最高気温が高めの日。湿度が低く乾燥した日。強めの南風が吹いたあと北風に変わった日。

と言われています。

 

 


花粉対策には

食生活→症状を軽くするには規則正しい食生活が大切です。暴飲暴食を避けて、バランスの良い食事をとりましょう。

 

日常生活→玄関前で服についた花粉を払い落としてから室内に入りましょう。

 

その他に、うがいや洗顔で花粉を洗い流すのも効果的です。

室内ではこまめに掃除を心がけましょう。

 

体調管理では

早寝早起きをする、バランスのとれた食事をとる、適度な運動をするなどして、体調を整えましょう。

寝具などは花粉が少ないと言われている午前中に干しましょう。外出先では花粉が顔に触れないように帽子やマスクをして、サングラスやメガネをかけましょう。

 

喉が辛い人は潤いを保つ加湿器を利用してみてはどうでしょう?
目の症状ではタオルで目を冷やす、メガネを着用する。

 

鼻の症状ではマスクをつける、ツボを押すなどして症状を軽くして今年の春を乗り切りましょう!
                                             以上、姜でした!

Return to Top

春の予感

 

皆さん、こんにちは! 姜です。

最近日が高くなってきましたね。 そろそろ春の訪れでしょうか?今年は花粉が舞うのが早いらしいので花粉症の話をしたいと思います。

 

 

花粉症とは、鼻腔内に入ってきたスギ等の植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることを言い、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

メカニズムとしては、アレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると体内に抗体が作られ、マスト細胞という細胞に結合します。

その後、再びアレルゲンが侵入するとマスト細胞からアレルギー誘発物質が放出されることによって鼻水、鼻詰まり、くしゃみ等のアレルギー反応が引き起こされます。

 

鼻の症状としては、空気中に浮遊する花粉が鼻に侵入して、マスト細胞にくっつくとヒスタミンなどの物質を放出。

放出されたヒスタミンなどの物質が神経や血管を刺激して、鼻炎の諸症状が発症。

物質が知覚神経を刺激→くしゃみ中枢に伝達→くしゃみ分泌腺に伝達→鼻水

 

 

 

目の症状としては、空気中に浮遊する花粉が目に侵入して粘膜内のマスト細胞にくっつくとヒスタミンなどの物質を放出。

放出されたヒスタミンなどの物質が神経や血管を刺激して、目の諸症状が発症。

 

ヒスタミンなどが血管を刺激して拡張→充血

知覚神経を刺激→目のかゆみ

知覚神経の異常が涙腺神経を刺激→涙が出る

 

というメカニズムになってます。

花粉症は皆さんに馴染み深いアレルギーですが原因をしっかりと知ってみるのも面白いと思います。 今週はここまでです。

では皆さん、また来週です!

 

 

Return to Top

最近・・・

 

腰痛の患者さん増えてます!

 

 

皆さん年末年始の間でずいぶんとぐーたらしていませんでしたか?笑

僕も人のことは言えませんが、今年は少し長めの9連休だったのもあり

運動不足になってしまう人が多かったと思います。

 

 

もしくは長期休暇をきっかけに習慣だった運動をやめてしまった方も多いのではないでしょうか?

 

気が緩んで一度でも楽をすることを体が覚えてしまうと、どうしても

スイッチって入りづらいものですよね。

 

たかが約一週間、されど約一週間。

この短い期間でも確実に体は衰退して運動時だけでなく、日常生活にも気付かないレベルでの変化をもたらします。

 

 

 

姿勢が気になっている方、いつから姿勢が悪くなったか分かりますか?

 

久しぶりに運動をして動けなくなったなぁと感じている方、

体の機能がいつ何%落ちたか分かりますか?

 

正月太りをしてしまった方、脂肪がいつ何キログラム増えたか分かりますか?

 

そう、気付かないうちに体の中では取捨選択が行われています。

当たり前ですが、普通に生きていく為にスポーツ選手並の筋肉は必要ないですよね?

 

以前にもこのブログで書かれていますが1グラムで

糖質 4キロカロリー

タンパク質 4キロカロリー

脂質 9キロカロリー

 

を体内で作り出すので、生きていくことだけを考えると

筋肉を削って脂肪に作り変えた方が圧倒的に効率が良いのです。

 

これを防ぐには

今の身体機能を維持する必要がある

と、体に認識させることが重要です。

 

例えばあなたが最大で20キロの物を持ち上げることができるとします。

普通に生活をしているだけでは15キロまでしか持ち上げる機会が無い生活をしていると、20キロを持ち上げる必要が無いですよね?

 

そうなると体は15キロを持ち上げる機能は維持しますが、

20キロを持ち上げる為の筋肉は脂肪や他の物に作り変えられていきます。

 

 

つまり、一週間に1~2回程度でも20キロを持ち上げるという刺激を体に与えれば最低でも20キロを持ち上げる為の身体機能は維持されます。

もちろん1回だけ持ち上げて今週のトレーニングは終了という訳にはいきませんが(笑)

 

 

 

結局は普段の生活内容に合った運動やトレーニングを習慣化することが大事ということです。

大多数の人が年末年始は少し運動から離れた生活をしていたと思います。

そうなると身体機能は落ち、体を使う感覚神経も衰えて、実は今まで通りと同じように体を動かせていない

という状態に陥り、少しずつあなたの体を蝕んでいつか痛みという形で出現するでしょう。

   

 

今からでもやれることはたくさんあるはずですよ?

分からない?頼ってください!

 

さくらメディカルの目標の一つに

治るまでのマイナスからゼロまでではなく、ゼロからプラスを

作っていこう

というものがあります、その為に色々な勉強もしています

トレーナー活動という形でスポーツの現場にも出ています。

 

一緒に今ある体をもっと大事に、もっと良い生活を送る為に頑張ってみませんか?

小さいことの積み重ねが大きい幸せに必ず繋がるはずです

そのお手伝いをさせていただければ幸いに思います。

 

 

end

Return to Top

2020年

みなさん明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

 

と、いう訳でついに来ました2020年!

今年も早かったのか、遅かったのか分かりませんがただ一つ言えることは

連休が過ぎ去るのが早すぎだと言うこと・・・。

僕の感覚では4日間ではなく4時間ぐらいの体感速度で過ぎてしまいました

 

さて、そんな4時間ですが何をしていたか少しだけ紹介します。

 

 

連休なので久しぶりにロゼのスパークリングワインを飲みました

二日間に分けて飲もうと思っていましたが、予想以上に美味しかったので一杯、また一杯・・・

気付けばコルクを開けた一時間後にはただの空き瓶に変わり果てていました(笑)

 

お正月の魔力って怖いです

 

そんなただのおじさんっぽいことばかりじゃありませんよ?

みなさん、我が家の冷蔵庫の隣にたたずんでいるこの子が生み出す物は何ですか?

 

 

そう、ただの炊飯器です。

ここから・・・

 

 

刮目せよっ!我が女子力!!

 

 

 

からのッ!!

 

アイス乗せッ!!

 

 

 

 

またつまらぬ物を作ってしまった・・・。

 

 

つづく

Return to Top

2019年も残り1週間です

先週に引き続き、今週も村越が担当させていただきます。

本日はクリスマスです!

2019年も残すところ1週間程になりました。

大掃除、年賀状等々新年を迎える準備は進んでいるでしょうか?

さて今回は冬の乾燥にスポットを当てていきたいと思います。

空気が乾燥するこの季節、風邪を引きやすくなったり肌の乾燥が気になったりする方も多いのではないでしょうか。

冬に感じられる乾燥と対策をご紹介します。

①肌の乾燥

空気が乾燥すると肌の水分も奪われます。そのせいでかゆみや痛みを感じることも。対策としては、洗いすぎに注意すること、肌のうるおい成分や皮脂が必要以上に落ちるため熱すぎるお風呂は避けること、お風呂から上がったらできるだけ早めに保湿剤を塗ることをおすすめします。

②体の乾燥

寒い時期は汗をあまりかかないこともあり、水分を取るのを忘れがちです。水分は汗だけでなく呼吸などでも失われるため水分を取らないと体全体が乾燥します。対策としてはこまめに水分を取ることです。一度にたくさん飲む必要はないので、少しずつ飲むよう心がけましょう。

③部屋の乾燥

寒い部屋では暖房をつけると思いますが、暖房はもともと乾いていた空気をさらに乾燥させます。対策としては、エアコンの場合温度設定を低めにする、長時間つけっぱなしにしない、加湿器で湿度50%~60%に保つ、洗濯物など濡れたものを干しておくと良いでしょう。

冬の空気の乾燥で風邪も引きやすくなります。人ごみには近づかず、帰ったら手洗いうがいをしましょう。マスクは風邪対策としてだけではなく乾燥対策にもなります。

乾燥対策をしっかりすることでこの季節を快適に過ごしましょう。

Return to Top

2019年も残り僅かですね

年の瀬も迫り、きれいなお家で新年を迎えようとそろそろ大掃除を始める方も多いのではないでしょうか。

ただ、普段あまりやらないところのお掃除は気を付けないとケガにつながることがあります。

12月はお掃除中の救急搬送が1年の中でも最も多く、毎年700人以上が救急搬送されているというデータもあります。その全体の4割が60代70代です。

私たちの院にも、毎年、大掃除でケガをして来院される患者様が多くいらっしゃいます。

ケガの原因として多いものを3つご紹介します。原因と対策を知って掃除中に気を付けるべきポイントが分かればケガをする可能性を減らすことができます。

まず1つ目は高所からの転落です。

台所の換気扇、棚の高いところ、照明周りの掃除では脚立や椅子の上に登って作業しますが、不安定な所での作業となるためバランスを崩して転倒してしまうケースがあります。高所の掃除をされる際は、足場をしっかり安定させることが大切です。

2つ目は濡れた床の上での転倒です。

浴室や脱衣所では床が水分で濡れて、大変滑りやすくなっています。濡れている床は掃除に入る前にしっかり水分を拭き取ってから、掃除に取り掛かりましょう。

3つ目は荷物の移動等で痛めるケースです。

普段なかなかできない家具の裏や下に溜まった汚れを取るために、重い箪笥やベッド、テーブルを動かしたり、1年で溜まった不要なものをまとめてゴミ捨て場まで運んだりする作業をすることもあると思います。

その際、不用意な姿勢で重い荷物を持ち上げようとすると筋肉や関節に過度な負担がかかりケガをします。

重い荷物を持ち上げる時は腕だけで持ち上げようとせず、しっかり腰を落として下から荷物を持ち上げたうえで立ち上がるようにしましょう。

新年をケガをした状態で迎えないためにも、安全には十分気を付けて大掃除に取り組みましょう。

Return to Top