自律神経失調症

こんにちは。三富です

今回は自律神経失調症について話します。

 

自律神経は内臓、血管、皮膚などの運動と、ホルモンや消化液等の分泌を支配する神

経で、心拍数、体温、血管の収縮・拡張など、生物が生きるために必要な体の調整を行っています。

 

例えば食事にかかわる部分なら、交感神経が働くと胃腸の消化運動が抑制され、逆に副交感神経が働くと胃腸の運動が活発になるといった具合です。

この自律神経のバランスが崩れて起こる症状が自律神経失調症です。

だるい、疲れやすい、吐き気やめまい、頭痛、便秘・下痢を繰り返すなど、数多くの症状が見受けられます。

 

●自律神経失調症の兆候
内臓に原因がある自律神経失調症の方は、腹部の筋肉が硬くなっています。

また、腹部に触れられると吐き気などの不快な症状が生じるため、腹部に触れられるのを嫌がる傾向があります。

 

●食生活で気をつけること
自律神経失調症の治療において食事は重要です。

鍼による施術で自律神経のバランスを整えながら、栄養のある食事を心がけてください。

 

神経の働きを正常に保ってくれるのが、豚肉やサバ、イワシなどに含まれているビタミンB群です。しかし日常で強いストレスを感じることが多いと、急激に体内のビタミンB群が消費されていきます。

 

また、ストレスを感じると副腎という臓器からストレス耐性をアップさせるホルモンが分泌されますが、このホルモンの材料として欠かせないのがビタミンCです。

 

ビタミンAやEも自律神経をコントロールし、症状を緩和させる効果があります。

 

他にも、小魚や乳製品に含まれているカルシウムはイライラを鎮め、不眠を解消する効果があります。

 

しっかりと栄養を取り、しっかりと身体を休めるようにしてください。

 

 

自律神経失調症のよくある原因

出現する症状はさまざまですが、食欲不振にそもそもの原因があると考えるべきなのです。
また、自律神経失調症には、心理的な不安、恐怖心など心因性の要素が強いケースもあります。
症状が一人一人違うようにその原因も一人一人違います。

鍼灸治療は主に自律神経系(交感神経、副交感神経)のバランスを調整することが目的です。

鍼灸治療することによって、副交感神経の機能を高め、筋肉の緊張を和らげ、血行を促進して症状を改善する治療方法なのです。

ストレスからくるものも多いので、ストレス解消するに効くツボも多用しています。

 

自律神経失調症は首や肩、背中に強い凝りが現れてきます。

 

これらの凝りや血行をよくしてあげる事も一つポイントです。

 

また、自律神経失調症による末梢循環の低下を積極的に改善する事も大切です。

 

鍼灸治療を行うと身体が軽くなるし、気分も落ち着き心も晴れやかになってきます。

 

 

身体が軽くなれば心も晴れやかになるように、食欲を増したり、睡眠がとれるように

することで心の負担が軽くなるのは事実です。これを心身一如ともいいますが、身体

の調子を整えることにより心の調子も整えるという機序が考えられます。

 

 

自律神経失調症に対して鍼灸治療するのもよい選択肢として考るのも良いと思います。

 

鍼は苦手な方には猫背矯正・骨盤矯正がお勧めです。

矯正で体のバランスを整えて体の不調を良くしていきませんか?

Return to Top

コメントは受け付けていません。