続・ランニング

どうも、陣内です
前回のランニング入門編では「習慣化」と話しました。今回は「ペース」についてお話しします
ランナーになったら一度走り始めたら足を止めなたくないもの。許されるなら横断歩道の赤信号を無視してノンストップで走りたいでしょうが、ビギナーは信号を赤信号にして毎回足を止めて各駅停車で走りたい気分に違いないです。

先日、ランニングを始めたスタッフが赤信号がオアシスだったと話していましたが、辛くなったら足を止めて休んでも平気です。

例えば、30分ぶっ通しでも、10分を3回に分割しても、総消費カロリーは同じなのです 
トータル30分以内なら脂肪燃焼比率もほとんど同等で、減脂肪効果はノンストップでも各駅停

車でも変わらないのです

それどころか、やり方次第では休みを入れた方が体脂肪が減りやすくなります
足を止めずに走りとおすより、休み休み走った方が頑張れるので、結果的に速いスピードで走ることが出来るようになります

スピードが上がるほど総消費カロリーは増えるので、減脂肪には効果的 

30分走るなら10分おき、45分走るなら15分おきに各々5分ほど歩いて休みを入れると体脂肪は落ちやすくなります

ランニングの習慣化していく中で長く走れないのであれば短い時間をより質のいい時間にしていきましょう

Return to Top

コメントは受け付けていません。