花粉という名の化学兵器

 

皆さん、こんにちは!姜です!
今年は暖冬だそうで、とても暖かい冬ですね。

暖かいといえば花粉が気になる方も多いのではないですか?

 

そこで、花粉症の予防について話そうと思います。
まず、花粉が飛びやすい日というのは晴天、または、前日に雨が降り、次の日が曇天で最高気温が高めの日。湿度が低く乾燥した日。強めの南風が吹いたあと北風に変わった日。

と言われています。

 

 


花粉対策には

食生活→症状を軽くするには規則正しい食生活が大切です。暴飲暴食を避けて、バランスの良い食事をとりましょう。

 

日常生活→玄関前で服についた花粉を払い落としてから室内に入りましょう。

 

その他に、うがいや洗顔で花粉を洗い流すのも効果的です。

室内ではこまめに掃除を心がけましょう。

 

体調管理では

早寝早起きをする、バランスのとれた食事をとる、適度な運動をするなどして、体調を整えましょう。

寝具などは花粉が少ないと言われている午前中に干しましょう。外出先では花粉が顔に触れないように帽子やマスクをして、サングラスやメガネをかけましょう。

 

喉が辛い人は潤いを保つ加湿器を利用してみてはどうでしょう?
目の症状ではタオルで目を冷やす、メガネを着用する。

 

鼻の症状ではマスクをつける、ツボを押すなどして症状を軽くして今年の春を乗り切りましょう!
                                             以上、姜でした!

Return to Top

春の予感

 

皆さん、こんにちは! 姜です。

最近日が高くなってきましたね。 そろそろ春の訪れでしょうか?今年は花粉が舞うのが早いらしいので花粉症の話をしたいと思います。

 

 

花粉症とは、鼻腔内に入ってきたスギ等の植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることを言い、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

メカニズムとしては、アレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると体内に抗体が作られ、マスト細胞という細胞に結合します。

その後、再びアレルゲンが侵入するとマスト細胞からアレルギー誘発物質が放出されることによって鼻水、鼻詰まり、くしゃみ等のアレルギー反応が引き起こされます。

 

鼻の症状としては、空気中に浮遊する花粉が鼻に侵入して、マスト細胞にくっつくとヒスタミンなどの物質を放出。

放出されたヒスタミンなどの物質が神経や血管を刺激して、鼻炎の諸症状が発症。

物質が知覚神経を刺激→くしゃみ中枢に伝達→くしゃみ分泌腺に伝達→鼻水

 

 

 

目の症状としては、空気中に浮遊する花粉が目に侵入して粘膜内のマスト細胞にくっつくとヒスタミンなどの物質を放出。

放出されたヒスタミンなどの物質が神経や血管を刺激して、目の諸症状が発症。

 

ヒスタミンなどが血管を刺激して拡張→充血

知覚神経を刺激→目のかゆみ

知覚神経の異常が涙腺神経を刺激→涙が出る

 

というメカニズムになってます。

花粉症は皆さんに馴染み深いアレルギーですが原因をしっかりと知ってみるのも面白いと思います。 今週はここまでです。

では皆さん、また来週です!

 

 

Return to Top

最近・・・

 

腰痛の患者さん増えてます!

 

 

皆さん年末年始の間でずいぶんとぐーたらしていませんでしたか?笑

僕も人のことは言えませんが、今年は少し長めの9連休だったのもあり

運動不足になってしまう人が多かったと思います。

 

 

もしくは長期休暇をきっかけに習慣だった運動をやめてしまった方も多いのではないでしょうか?

 

気が緩んで一度でも楽をすることを体が覚えてしまうと、どうしても

スイッチって入りづらいものですよね。

 

たかが約一週間、されど約一週間。

この短い期間でも確実に体は衰退して運動時だけでなく、日常生活にも気付かないレベルでの変化をもたらします。

 

 

 

姿勢が気になっている方、いつから姿勢が悪くなったか分かりますか?

 

久しぶりに運動をして動けなくなったなぁと感じている方、

体の機能がいつ何%落ちたか分かりますか?

 

正月太りをしてしまった方、脂肪がいつ何キログラム増えたか分かりますか?

 

そう、気付かないうちに体の中では取捨選択が行われています。

当たり前ですが、普通に生きていく為にスポーツ選手並の筋肉は必要ないですよね?

 

以前にもこのブログで書かれていますが1グラムで

糖質 4キロカロリー

タンパク質 4キロカロリー

脂質 9キロカロリー

 

を体内で作り出すので、生きていくことだけを考えると

筋肉を削って脂肪に作り変えた方が圧倒的に効率が良いのです。

 

これを防ぐには

今の身体機能を維持する必要がある

と、体に認識させることが重要です。

 

例えばあなたが最大で20キロの物を持ち上げることができるとします。

普通に生活をしているだけでは15キロまでしか持ち上げる機会が無い生活をしていると、20キロを持ち上げる必要が無いですよね?

 

そうなると体は15キロを持ち上げる機能は維持しますが、

20キロを持ち上げる為の筋肉は脂肪や他の物に作り変えられていきます。

 

 

つまり、一週間に1~2回程度でも20キロを持ち上げるという刺激を体に与えれば最低でも20キロを持ち上げる為の身体機能は維持されます。

もちろん1回だけ持ち上げて今週のトレーニングは終了という訳にはいきませんが(笑)

 

 

 

結局は普段の生活内容に合った運動やトレーニングを習慣化することが大事ということです。

大多数の人が年末年始は少し運動から離れた生活をしていたと思います。

そうなると身体機能は落ち、体を使う感覚神経も衰えて、実は今まで通りと同じように体を動かせていない

という状態に陥り、少しずつあなたの体を蝕んでいつか痛みという形で出現するでしょう。

   

 

今からでもやれることはたくさんあるはずですよ?

分からない?頼ってください!

 

さくらメディカルの目標の一つに

治るまでのマイナスからゼロまでではなく、ゼロからプラスを

作っていこう

というものがあります、その為に色々な勉強もしています

トレーナー活動という形でスポーツの現場にも出ています。

 

一緒に今ある体をもっと大事に、もっと良い生活を送る為に頑張ってみませんか?

小さいことの積み重ねが大きい幸せに必ず繋がるはずです

そのお手伝いをさせていただければ幸いに思います。

 

 

end

Return to Top

2020年

みなさん明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。

 

と、いう訳でついに来ました2020年!

今年も早かったのか、遅かったのか分かりませんがただ一つ言えることは

連休が過ぎ去るのが早すぎだと言うこと・・・。

僕の感覚では4日間ではなく4時間ぐらいの体感速度で過ぎてしまいました

 

さて、そんな4時間ですが何をしていたか少しだけ紹介します。

 

 

連休なので久しぶりにロゼのスパークリングワインを飲みました

二日間に分けて飲もうと思っていましたが、予想以上に美味しかったので一杯、また一杯・・・

気付けばコルクを開けた一時間後にはただの空き瓶に変わり果てていました(笑)

 

お正月の魔力って怖いです

 

そんなただのおじさんっぽいことばかりじゃありませんよ?

みなさん、我が家の冷蔵庫の隣にたたずんでいるこの子が生み出す物は何ですか?

 

 

そう、ただの炊飯器です。

ここから・・・

 

 

刮目せよっ!我が女子力!!

 

 

 

からのッ!!

 

アイス乗せッ!!

 

 

 

 

またつまらぬ物を作ってしまった・・・。

 

 

つづく

Return to Top