第2回 体幹トレーニング

前回に引き続き体幹トレーニングをご紹介します。

今回は腹筋全体でありますが、特に「腹直筋」のトレーニングです。

☆フロントブリッジ☆

フロントブリッジは、「床に両肘を付き、脚を伸ばした体勢を30~60秒間キープする」動作により腹筋全体の強化を目指すトレーニングです。
腹筋全体の強化、腹筋の引き締め・脂肪燃焼、下腹部のぽっこり解消などに効果が期待されます。
頭からかかとまで一直線になるように保つことが大切です。腹筋の緊張を感じましょう。

 

 フロントブリッジpop

 ■このフロントブリッジのメリットは、一度姿勢を作ったらそれを維持するだけなので楽という点です。
 手元に雑誌でも置いて眺めながらできます。(といっても最初の内はいいですが、すぐにきつくなるのでそんな余裕もなくなりますがw)
 
 また、動かない&ウェイトを使わない自重系筋トレなので、思わぬ怪我をするリスクはかなり低いと思います。
 (例えば、スクワットは自重だけでも、やり方を間違えると膝にダメージがあります。)
 それでもあえて言うなら、腹圧が保てずお尻が落ちてしまうと、腰に良くない可能性がありますが、重度の腰痛の人以外は、そのまま地面につぶれてしまえばいいだけですし、問題ないはずです。

  ウェイトトレーニングに比べれば怪我のリスクはに近いですフロントブリッジ2pop

 

目標回数

30~60秒×2~3セット

これをマスターしてサッカーの長友選手みたいな腹筋を 手に入れましょう!!

Return to Top

コメントは受け付けていません。