五十肩

五十肩

 

五十肩とは40代~50代に突然、原因不明で発症する

 

肩関節に痛みと運動制限を伴った症候群の総称です。

 

肩関節周囲炎などの病名とは違う便宜的に使う呼び方です。

 

ですから、40代、50代にだけみられるものでもありません。

 

治療は、

 

急性期は『安静が第一。血行を良くして炎症が治まるのを待つ』ことが優先になります。

 

 

長時間の入浴や、患部を直接温めると、熱を持ちすぎるので、注意が必要です。

五十肩は動かせば治る!とこの時期に頑張りすぎると、良くなりません。

 

炎症が治まり急性期が過ぎたら、

 

『肩関節の周囲の筋肉の機能回復、関節の可動域の回復の為の運動療法』

 

がメインとなります。

 

この時期に痛いから動かさないでいると、一向に良くなりません。

 

病気には病期があります。病期に合わせた治療や日常での注意点があります。

 

肩の関節は、構造上かなり不安定で、筋肉や靭帯に安定を依存しているので、

 

筋肉の状態を良くしておくことも重要です。

 

肩関節の運動には肩甲骨の動きが非常に重要なので、いわゆる肩こりがあると

 

肩関節は動かしにくく、負担がかかりやすくなります。

 

Return to Top

コメントは受け付けていません。