ムチ打ち症状の特徴

むち打ち症の患者さんによくある特徴的な症状についていくつか代表的なもの挙げます。
病院で骨には異常がないと言われたのに症状が改善しない。
症状は良い時と悪い時を繰り返して長期間にわたることが多い。
痛む場所日によって場所が違う気がする。
少し運動をしたり、仕事をするだけで症状が悪化してしまう。
天候の変化(特に気圧)や寒さ、湿度などに体調が振り回されてしまう。
夕方から朝方にかけて痛みや突っ張った感じがひどくなる。
集中力がなくなり、長時間の仕事がはかどらない、できない。
頭痛・だるさ・無気力感・全身の疲労感・吐き気・不眠など体調が狂う。
いったん落ち着いたと思った症状が、出たり消えたりと落ち着かなくなる。
ここに羅列した症状は、
当院において、多くの患者さんが、みんな口を揃えていうことをまとめてみました。
ムチ打ち症状は、痛めた場所の根っこまで治してあげることこそ、むち打ち症の根治療法となり、のちの後遺症を最小限に抑えられる私達は考えています。
Return to Top

コメントは受け付けていません。