夏の交通事故撲滅キャンペーン

 

 

 

どうも陣内です。

お盆の時期になりお仕事が休みになる方が多くいらっしゃいますが、皆さんはお出掛けの予定はありますか?

 

 

車を利用する方は長距離運転をされる際に、夏の暑さで注意散漫になり事故を起こす可能性が増えます。

 

 

車に乗っていなくてもお出掛けされる際は注意していただきたいと思います。

 

年間通して横浜市内だけで約1万件の交通事故が起こっています。

その中でも負傷者は1200人いると言われています。

 

そして世間で整骨院がどういうことをする場所かの認知度が20%程度と言われています。

のうちの26%が整骨院で交通事故の治療ができる事を知っているという統計があります。

 

これは交通事故でケガをされた方の中で、わずか5.2%としかいないということです。

 

 

今まで来院された患者さんの中にも以前交通事故にあいムチウチの後遺症でお悩みの方が多くいらっしゃいました。

 

そのような方を少しでも減らすことができるように皆さんの家族、お友達等でお悩みの方がいらっしゃいましたら、整骨院でも治療ができると伝えていただきたいのです。

 

実際に交通事故に遭われたときの流れや、治療期間中でも相談にお答えします。

 

0715 1

 

 

 

 

 

 

 

Return to Top

長寿ホルモン

 

 

 

こんにちは!!

 

先週に引き続き今週も仲座がブログを担当します☆

 

先週のブログで”運動します!!”宣言をした仲座ですが、8月から始めて・・・

今のところは頑張っています!!

 

効果的な運動をする為に色々と調べていたら、気になるものを見つけました。

 

 

 

その名は長寿ホルモン!!

 

 

 

健康番組などで聞いたことがある方もいるかと思います。

 

最近注目されているそのホルモンの正式な名前はアディポネクチン!!

 

長寿ホルモンという呼び方以外にも、やせホルモンや若返りホルモンとも呼ばれています。

 

今回はアディポネクチンについてご紹介したいと思います。

 

 

 

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、

脂肪を燃焼させる作用があります。

 

他にも、糖尿病の予防、血管の傷を修復、血圧のコントロールや善玉コレステロールの増加、そしてがん細胞の増殖を抑制する効果があり、

生活習慣病の予防をしてくれる存在なのです。

 

脂肪細胞から分泌されるなら脂肪を増やしたらいいのでは?

 

と思った方もいらっしゃると思いますが、

実はその逆!!脂肪が多ければ多いほどアディポネクチンの分泌量は減少することが分かったそうです。

 

いわゆる脂肪とは脂肪細胞という器に脂肪分が詰め込まれているものを言います。

 

肥満気味になると、その器に脂肪が詰め込まれ過ぎて器がパンパンな状態になります。

 

太ってしまい脂肪細胞の器がパンパンになると、隣同士の脂肪細胞を摩擦し、

炎症が起こってしまいます。

 

炎症が起こると悪玉物質が分泌されてしまい善玉のアディポネクチンの分泌量が減少してしまうのです。

 

なので、肥満気味になってしまうと体内のアディポネクチン量は少なくなってしまいます。

 

 

 

H

 

 

ではアディポネクチンを増やすには??

 

ずばり食事と運動そして笑うことです!!

 

食事と運動は先週お伝えした事と被ってしまいますが、

 

結局は生活習慣病の予防には食事と運動が必要不可欠ということですね(^^;)

 

食事は大豆製品や食物繊維、青魚に含まれるDHAやEPA、コーヒーを摂取すると

 

血中のアディポネクチン濃度は上昇する↑↑そうです!!

 

大豆食物繊維青魚コーヒー

 

 

運動に関してはインナーマッスルを鍛える体幹トレーニングがおすすめです♪

 

先程もお伝えしたように脂肪細胞が多いとアディポネクチンは分泌されにくくなってしまいます。

 

特に内臓脂肪が多いと分泌量が減ってしまうそうです。

 

インナーマッスルが増えると内臓脂肪を燃やしやすくすることができますので、

アディポネクチンの分泌量を増やすことができるのです!!

 

hqdefault

 

そして笑う(^O^)

 

声を出して笑うだけでもアディポネクチンの分泌量は高まるそうです。

 

良く笑う人とあまり笑わない人を比べると良く笑う人の方が1.5倍多く分泌していたそうです!!

 

たしかによく笑う人の方が元気で長生きするイメージってありますよね(^^)

 

笑顔

 

というわけで長々とアディポネクチンについてお伝えしましたが、

 

皆さんに1番お伝えしたいのは、皆さんにいつまでも健康で過ごして欲しいということです☆

 

そこで今回は健康でいられる方法の1つをお伝えしました♪

 

これからも治療やブログを通して皆さんに健康情報を発信していきたいと思います♪

 

 

Return to Top

健康診断(>_<)

 
 
 
こんにちは!仲座です☆
 
今回のブログは僕が担当します♪
 
梅雨が明けて本格的に夏に入り、暑い日が続きますね(*_*)
 
皆さんは暑い日はどのようにお過ごしですか??
 
僕は休みの日に自宅近くのカフェなど涼しい環境で本を読みながら優雅に過ごしたりしています(笑)
 
 
 
 
夏の暑さと動くのが億劫なせいで最近ではほとんど運動をしておらず、食べて寝るという生活が続き、その結果が先日行った健康診断に出てしまいました(T-T)
 
 
なんとコレステロールが基準値より若干高い数値に・・・
 
 
学生の頃はコレステロールの事など気にしていませんでしたし、この先気にする事も無いだろうと思っていました。
この頃運動が少なく、食生活が少し乱れているなと感じていましたが、こんなにあっさりと数値に出てくるとは・・・
 
ショックです(ToT)
 
そこでコレステロールについて調べてみました!!
 
 
 
 
生活習慣病に関係すると言われているコレステロールですが、2種類のコレステロールがあります。
 
 
悪玉コレステロール(LDL)
 
 
善玉コレステロール(HDL)
 
 
に分けられます。
 
名前の通り悪玉コレステロールは体に悪さをし、増え過ぎてしまうと血管の内壁にくっついて、血管が硬くなる現象(動脈硬化)を起こしてしまいます。
 
悪玉コレステロールの影響で動脈硬化が進んでしまうと、脳卒中や心筋梗塞のリスクも高まると言われています。
 
 
872022
 
 
善玉コレステロールは血管の内壁にくっついた悪玉コレステロールを回収する役割があり、血管を健康な状態に保ちます。
 
悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスが大事になってくるのです!!
 
コレステロールのバランスを良くするには、ずばり食事と運動です!!
 
 
 
バターやラード、お肉の脂は悪玉コレステロールの原料になるので摂りすぎると悪玉コレステロールが増えてしまいます。
 
なたね油やオリーブオイル、魚の油は血液中の悪玉コレステロールを減らす効果があるそうです。
 
それと野菜や海藻類、きのこ等の食物繊維はコレステロールの吸収を抑える効果があります。
 
 
images (1)
 
 
野菜とお肉がバランスよく摂れる日本食はすごく良いと言われていますよ(^o^)
 
 
運動は1日30分のウォーキングなどの有酸素運動や、筋肉をつけるトレーニングをすることで善玉コレステロールが増えると言われています(^o^)
 
 
images (1) (1)
 
 
ですが、コレステロールのコントロールはすごく大変です(*_*)
 
 僕もこれから運動を始めようと思いますが、三日坊主にならないように頑張ります!!(笑)
 
 
Return to Top