秋バテとは・・・

秋になっても暑い夏の体調不良を引きずると秋バテになりやすいです。

最近は夏の残暑の暑さが秋にも残ったり寒暖の差があったりすることで秋バテになる方が多いです。

特に夏が暑いと体調が悪いまま秋に持ち越して食欲不振、よく眠れない、胃腸が弱るといった症状になります。

秋バテを解消するには、夏バテの対処法と似ていて体の冷えや自律神経の乱れを改善して、正常な体調に戻すことが大事です。

秋バテになると、胃腸の調子が悪くなり、体の冷えなどを冬に持ち越してしまい風邪などをひきやすいので注意が必要です。

秋バテの症状は夏バテ同様の症状で疲労、だるさが代表的な症状です。

疲労やだるさは、一見仕事などの疲れと間違いやすいです。秋バテは体が冷えて体が弱っていたり・自律神経の乱れが原因です。

体の冷えを予防して、睡眠をシッカリ取るようにしていただきたいです。

秋バテの症状とは?

疲労、だるさ ・肩こり ・目の疲れ ・睡眠不足 ・頭痛 ・腰痛

秋バテの症状は冷えで体の血行が悪くなり体調が悪くなります。胃腸が弱っていると食事が取れず栄養が不足し、体も弱ります。さらに睡眠が不足していると、疲れが改善しないという悪循環になります。

秋バテと夏バテの違いは?

秋バテと夏バテの違いは、症状は同じですが秋バテは夏バテの体調不良を引きずっているため、悪化しやすい点です。

さらに秋は日中の気温変動が夏よりも大きくなり、体調を崩しやすくなります。

そのため、秋バテは夏バテよりも注意したいです。

冬に冷え性にならないために

秋バテは体や内臓の「冷え」が原因のため、冬に冷え性になりやすい方は注意したいです。

冷え性は、夏・秋は気温が高くなるため体温も上がりやすく気づきにくいです。冷え性体質の方は熱を体に貯めづらく、手足の末端まで熱が送りづらい体質の方で冬に気温が下がると、とたんに冷え性の症状が現れます。

冷え性の原因はいくつかありますが、熱を体中に伝える血液が流れづらい血行不良があります。

特に自律神経が乱れていると、血行が悪くなり血液が末端の手足まで届かず、手足の体温が下がり気味になります。

そのため、秋バテ気味の方は、早めに体温調整をする自律神経を整えるようにして頂きたいです。

秋に出来る冷え性対策は、お風呂の湯船に使ったり、睡眠をシッカリ取る、リラックスする時間を増やす、マッサージで血液の循環を良くするなどです。

冷え性の方は、秋から体調を整えて冷え性にならないようにしていただきたいです。

Return to Top